山縣農場

山縣農場は、元来第三種官有地であった天然林約150町歩、草山600余町歩の山野を渋澤栄一氏が牧場経営を計画していたもので、山縣有朋が譲り受け、明治19年(1894年)正式に払下げとなりました。以来移住者を受入れて開墾と植林に力を注ぎ、有朋の考える”農は国家経済の基本”を自らこの地で実践しようとしたものでした。

  篠原も畑となる世の伊佐野山  みどりにこもる杉にひのきに

この有朋の詠んだ歌のように篠の生い茂るばかりの荒地を水田と畑に開墾し、雑木山を植林して生産性のある農場に育てるために、明治17年(1884年)移住農家を招致する規則を作り、農家の次三男で土地を持てない人たちを募集しました。その結果、栃木県内外から44戸300余人が当地に移住して開墾事業に取り組み、創業当時は伊佐野農場と呼ばれており、その状況は農場管理者であった森勝蔵が残した三巻からなる絵巻物『伊佐野農場圖稿』に詳しく記録されています。

新しい農場を築くには、移住して来た人達の独立と日々の生活を確立することを優先し、農場主と結び付き、親子のような絆があってこそ開墾、造林という困難な事業の成功と、山縣農場の基盤ができあがるという理念のもと、昭和9年(1934年)には、本農場創業50年記念として小作人に土地を分譲しました。これは開設当時より、有朋が計画したことであり、その遺志を継いで三代有道が行った業績でした。現在の、矢板市上伊佐野、下伊佐野、平野の区域にまたがる耕地と山林が旧山縣農場であり、字名として「第一農場」「第二農場」として残っており、創業120年あまりを経た今日もその姿を留め、地域との絆も深いものがあります。