栃木県指定有形文化財「山縣有朋記念館」



左側の建物は、明治42年に当時の帝室技芸員・伊東忠太工学博士の設計により、有朋の別邸小田原古稀庵に建てられた木造洋館です。

有朋は大正11年に亡くなるまで、この古稀庵にて、当時の元老や歴代首相をはじめ、閣僚、重臣などと頻繁に国事を論じたといわれています。大正12年の関東大震災で被災損傷したのち、嫡男伊三郎が栃木県矢板市の山縣農場内に移築して現在に至っています。

設計者の伊東忠太(1867-1954)は、明治・大正・昭和期の建築家・美術史家であり、日本の洋風建築の先駆者でありました。平安神宮、明治神宮、大倉集古館、築地本願寺など多数の建築を設計しています。また法隆寺が日本最古の木造建築であることを確認した建築史家としても有名です。

当館は、当時の洋風建築の様式が随所にみられます。玄関及び各部屋に通じる欅(けやき)のドアには、山縣有朋のイニシャルのA・Yをデザインした装飾が施されています。2階の客間と廊下を仕切るガラス戸は引込式になっており、その上の欄間は回転式ガラス戸の珍しいものです。明かりとりの窓や居室の窓はマッキントッシュの影響がみられる直線的デザインで、その後の大正から昭和初期の洋館の典型的な様式として流行しました。現存する数少ない明治時代の洋風木造建築物の一つとして、平成2年1月に栃木県有形文化財に指定されています。